Windows7のスタートメニューを更に使いやすくする「Start Menu 7」 | Select *
コンピュータ ソフトウェア

Windows7のスタートメニューを更に使いやすくする「Start Menu 7」

コンニチハ!
Windows7歴3年の@deepblue_willです。

巷ではWindows8の情報がちょこちょこ出てますが、まだまだWindows7は現役です。
でもWindows7のスタートメニューは信じられないぐらい使いづらい

使用するソフトを起動するためにスクロールして探さないといけないなんてめんどくさいですよね。
これならWindows XPのスタートメニューの方がマシってものです。

でも「Start Menu 7」を使えばWindows7のスタートメニューをWindows XP風にできちゃいます!もちろん無料です!
これはもう使うしかないですね!
そこで今回はWindows7のスタートメニューを使いやすくする「Start Menu 7」を紹介したいと思います。

インストール

まずStart Menu 7にアクセスすればインストーラーが手に入ります。

インストーラーを起動して「Start Menu 7」をインストールします。
インストール中、「Use a Mouse」か「Use a Touchscreeen」を選択する画面がありますが、スタートメニューの利用方法に応じて選択してください。
マウスでクリックするなら「Use a Mouse」、
ディスプレイをタッチして使うなら「Use a Touchscreeen」を選択します。
(インストールされたソフト名がなぜか「Start Menu X」になりますが
気にしないでください。)

カスタマイズ

インストールしてしまえば、特に設定しなくてもWindows XPっぽいスタートメニューがすぐ使えます。
ですが、カスタマイズもできちゃいます。

仮想グループ作製

この機能はスタートメニューで表示されるプログラムをさらにグループ分けできる機能です。
無料版では以下の6つのグループに分類できます。
  • システム
  • グラフィック
  • オフィス
  • ゲーム
  • インターネット
  • その他

仮想グループの設定

スタートメニュー右下のアイコンをクリック。
オプション > グループ管理 と選択します。


すると以下のような画面が表示されます。

あとはグループを選択して、グループに所属させるプログラムにチェックすればOKです。

仮想グループの有効化

スタートメニュー右下のアイコンをクリック。
オプション > 仮想グループの有効化 と選択するだけです。


そうすると以下のように先ほど設定したグループが表示されます。
チェックしなかったプログラムは自動的にその他に分類されます。

メニューの追加

左側のメニューに項目を追加することができます。
「メニューに項目を追加」アイコンをクリックして、追加したい項目を選択するだけです。
例えば、「最近使ったファイル」を追加する場合は、
基本フォルダ > 最近使ったファイル と選択します。


また、スタートメニュー下部の電源メニューを増やすこともできます。
スタートメニュー下部を右クリックし、増やしたい電源メニューをクリックするだけです。
例えば、「スタンバイ」を追加する場合は、
右クリック > スタンバイ と選択します。

スキンの変更

スタートメニューのスキンを変えることもできます。
選択できるスキンは以下の5種類です。

Aero


Clasic


Crystal Aero Black


Crystal Aero White


Crystal Graphite


スキンの設定方法は、右下のアイコンをクリックして、
オプション > スキン > 適用するスキンです。

さいごに

スタートメニューをXPっぽくしてくれるだけではなく、カスタマイズもできてしまうなんて
ほんと素晴らしいですね!
Windows7のスタートメニューが使いづらくてイライラしている方は是非インストールしてみてください。
Start Menu 7」で快適なパソコンライフを楽しみましょう!

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)