明日は今日と違った自分になる『仕事は楽しいかね?』 | Select *
書評 趣味

明日は今日と違った自分になる『仕事は楽しいかね?』

仕事は楽しいかね? オハヨウゴザイマス!
仕事で悩む@deepblue_willです。

神様は僕らにいつも宿題を課す『会社で働く苦しみをなくすシンプル思考』」に引き続き、仕事をもっと楽しくするための方法が書かれていそうだったので読んでみました。



明日は今日と違った自分になる

change

<毎日>変わっていくんだよ?それは、ただ、ひたすら、より良くなろうとすることだ。人は<違うもの>になって<より良く>なれるんだから。

(P41)

筆者は「たいていの人は、マンネリ化した生活から抜け出すために目標を設定すること」に対して「今日の目標は明日のマンネリ」と言っています。
さらに、人生なんか思い通りにならないことの方が多いのだから、最終的なゴールを決める必要はないと言っています。。

明日は今日と違った自分になる」という目標はシンプルでとても立てやすいと思いました。
具体的なやりたいことなど持っていなくても立てられる上、自由に色々なことができるので。

小さなことでも何か毎日変えていく工夫をしていこうと思います。
この日々の積み重ねが1年、10年と経った後に振り返ってみると大きなものになってると思います。

優秀な人と同じような人になろうとすることでそれを達成する

他人を凌ぎたいを思うなら、まず最初に超えるべき、だけど一番難しいステップは”並みの人”をやめることだ。

そのために必要なのは、
・絶えず試し続け、常に違った自分になろうとすること
・適切な時とか完璧な機会などないのだから、この場で直ちに始めること
と筆者は言っています。

前者は先に書いた、「明日は今日と違った自分になる」目標を毎日達成するということです。
日々、良くなって行くのだから、そのうち並の人間からやめられそうな気がします。

後者に関して思ったことがあります。
やりたいと思っていることを勝手に適当な理由をつけてやらないことって多いと思います。
その適当な理由が、今は時期じゃないとか、来月からやろうとか、やろうと思えばすぐやれる取るにたらない理由だったりします。
今思うとそういうのもったいないなと思いました。
そういうのをやってこそ「明日は今日と違った自分になる」を達成できるのかなと思います。
自分のやりたいことの中で、しょうもない理由でやってないことを今度洗い出したいと思います。

試すことは簡単だが、変えることは難しい

さっき話した人たちはだれ一人、立派なビジョンを持って、それに向かって突き進んでいたわけじゃない。彼らはみんな、目標設定者でも計画立案者でも<なかった>。彼らは冒険者だったんだ。

(P149)

新しいことを自分一人でやっていることはとても簡単です。
勝手にやればいいのだから。
でも、考えてみるとそれを自分以外のだれかに適用することは難しいです。
今までの自分の中の常識を覆すような何かを受け入れるのはとても難しいからです。
でも、試さなきゃ変わらないし、変えられない。
そのために、冒険者になる必要があるということなのかなと思いました。

最後に

この本は、物語になっていてとても読みやすいです。
以前読んだ「夢を叶えるゾウ」みたいなかんじです。

この本の主題は「いかに自分を変えていくか」というところにあると思いました。
そのための方法や考え方が沢山書かれていて、読んでよかったと思います。
読んだことない方は読んでみてください。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)