ネットを使いこなしているひとこそ読んでほしい『ウエブはバカと暇人のもの』 | Select *
書評 趣味

ネットを使いこなしているひとこそ読んでほしい『ウエブはバカと暇人のもの』

ウェブはバカと暇人のものオハヨウゴザイマス!
久しぶりに読書した@deepblue_willです。

仕事柄、繋がない日はないってほどWebに依存しています。そしてプライベートでもこのようにブログを更新してWebとつながってます。そこで見つけたのが「ウェブはバカと暇人のもの」という本。どのような観点で書かれているのか気になったので読んでみました。


品行方正で怒りっぽいネット住民

立ち小便は決して立派な行為ではないし、立ち小便する人を咎めることは社会通念上、正しいことだ。ブログで書く意味もあんまりない。しかし、わざわざ「軽犯罪」だと行って「通報」したり、「人としていけないこと」だと注意するほどのことか。
(P26)

この文章を読んでて、ちょっと前にTwitterで飲酒運転の告白をツイートしたり、コンビニのアイスストッカーに入った写真をアップしたりといわゆる「バカッター」が話題になったことを思い出しました。同じようなことを当時思っていたから。
これらのことをした人をかばう気持ちは微塵もないんだけど、漠然とこんなに騒ぐことかなぁと思ってました。

リアルの世界でできないことを、ネットの世界ではやりやすい気持ちはすごく分かるし、人の粗さがしするのは楽しい気持ちもわかる。
ただ必要以上にネットで叩いても1mmも自分の得にならないのだから、その労力を別のことに使ったらいいのにと正直思ってしまいます。

ネットで叩かれやすい10項目

  1. 上からものを言う、主張がみえる
  2. 頑張っている人をおちょくる、特定個人をバカにする
  3. 既存マスコミが過激報道していることに便乗する
  4. 書き手の「顔」が見える
  5. 反日的な発言をする
  6. 誰かの手間を掛けるようなことをする
  7. 社会的コンセンサスなしに叩く
  8. 強い口調の言葉を使う
  9. 誰かが好きなものを批判・酷評する
  10. 部外者が勝手に何か言う
(P49-57)

これは参考になりました!
炎上しないようにするためにも守りたいところです。
ただ、これを守るとわりと書くこと限らてくる気がします。。

ネットの声に頼るとロクなことにならない

この本で書かれていたことは、ネットを使って投票やユーザの意見を聞いても、まともな反応は返ってこないということです。

この章を読んで思ったのが、ちょっとズレるけどいろんなサービスにあるレビューの機能はどこまで信用できるのかということ。
例えば、Amazonのカスタマーレビューや食べログの口コミなど、たまに訳のわからない理由で1とか2がついている時がある。

そういうの見ると、あんまり評価はあてにならないなーとか思ってしまう。
ただ、ちゃんと評価されているものもあるのでとても参考になるやつもある。
なので、不特定多数の人が評価できるものは鵜呑みにせず、参考程度にとどめて置くのが無難かなと思っています。

ネットでブームなんてこんなもの

そこで、東大を出て、インテリを自認している叔父が「最近、インターネットでどんな事件があったのさ?」と聞いてきたので、私は「2007年のネット流行語大賞では『アサヒる』が金賞をとって、銀賞が『スイーツ(笑)』だったこととか、ネットの世界の重大事を記事にするんだ」と説明した。ただ、誰もわからないのである。

(P139)

毎日ネットしていると、騒がれていることが世間一般全体で騒がれていることと錯覚してしまうことがあります。
普通に営業マンとかしている友達とかと飲んでる時に、ネットで話題になっていることを話しもポカーンとされてしまうことが私もよくありました。

その反面、テレビで騒がれていることはほとんどの人が知ってので食付きがいい。
この本でも書かれていたことだけど、テレビが最強のメディアであることはまだ揺るがないみたい。

ネットで知る→ググるという動線よりも、テレビで見る→ググるの動線の方が圧倒的に多いし、現に、このブログでもテレビで話題になったことがかかれた記事はものすごくアクセス数が上がる。このことはGoogle トレンドなんかを見れば一目瞭然。

ネットで話題になっているからといって、世間一般がそれを知っているかということとは別ということは頭に入れておいたほうがいいと思いました。

最後に

ネット住人をバカにしたようなタイトルの本だったので、著者のひとはアンチのひとなのかなと思ってたんだけど、ネットの世界にどっぷり使ってる人でした。
その経験を活かして、こんな本を書いたみたいです。

私もネットにはどっぷり浸かっている人なので、この本で少しクールダウンできた気がします。
ネットのヘビーユーザーは一度読んでほしい本です。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)