白レバーと普通のレバーの違いはなんだろう? | Select *
趣味 飲食

白レバーと普通のレバーの違いはなんだろう?

コンニチハ!
いつのまにかレバーが食べられるようになっていた@deepblue_willです。

焼き鳥屋さんによく行く方にはお馴染みの「白レバー
レバーは食べられないけど、これならいける!って人もいるのではないでしょうか?
私も大好きです!
でも、白レバーと普通のレバーはどこが違うのか疑問に思ったので調べてみました。

白レバーはフォアグラと同じようなもの


ウィキペディアにわかりやすく書いてありました。

フォアグラと同じようなものに、白レバーというものもある。これは鶏の脂肪肝で、レバー臭さが少ないが生産量が少なく、限定メニューなどになっている場合が多い。 一般に白レバーは栄養を蓄えた雌鳥のものである。卵を産まない雄は栄養を蓄える必要がないので、無理に餌を食べさせでもしない限り白レバーとなりにくく、また雄は若鶏のうちに精肉とされるため白レバーは必然的にメスに多くなる。
そして、雌鳥は卵用となり肉用に回るケースが少ないため、必然的に白レバーは出回りにくくなる。
レバー (肝臓) – Wikipedia


まさか、フォアグラと同じようなものだとは。。
どおりでレバーに比べて白レバーは脂っぽいと思いました。
トロッとした食感は脂肪ならではのものだったのですね。納得。

最後に

私は牛肉よりも鶏肉の方が好きで、中でもこの白レバーはあったら絶対頼むレベルで好きです。
ちょっと前までは白レバーを食べれる店はそんなになかった気がするのですが、最近は焼き鳥屋ならだいたい食べれる気がします。店によっては同じ白レバーでも当たりハズレありますが。。
普通に白レバーの焼き鳥も美味しいですが、白レバーポン酢も美味しいです!
食べたことない方は食べてみてください。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)