寝坊防止に役立ちそうなアイテムや取り組みをまとめてみた | Select *
Lifehack

寝坊防止に役立ちそうなアイテムや取り組みをまとめてみた

sleep-in-lateおはようございます。
昨日盛大に寝坊してしまった@deepblue_willです。

二度寝したわけでもなく、起きたら9時過ぎててものすごく焦りました。。
電話して午前休にしてもらったのですが、申し訳ない気持ちでいっぱいです。。
そこで、もう二度と寝坊しないためにも寝坊防止策をいろいろ調べてみたのでまとめてご紹介します。

取り組み


毎日アラーム音を変える

alarm
毎日同じアラーム音だと、慣れちゃって気づかないこともあるそうです。
多分私もこれが原因で寝坊してしまったのかなぁと思っています。

目覚ましに使っているテレビもスマフォもいつも同じ音がなるので、
テレビは他の局と、スマフォのアラーム音は別の音に変えてみようと思います。

目覚ましを増やす

alarm-clock
二重がだめなら、三重にすればいいじゃん!ってことで、
一つ目覚ましを増やしておこうかと思います。
オーソドックスな方法ですが効果はありそうです。

ちょうど時計としてしか使ってないアラーム機能付きの時計があるので、
それもちゃんと目覚ましをセットしておこうかと思います。

朝活をする

dog-walking
1年以上に朝ものすごい早く起きていろいろやっていたのですが、
そのころは寝坊をまったくしていませんでした。
いつのまにか、朝ギリギリの生活に戻ってしまいましたが。。

朝になにかやらないといけないことや、
やりたいことを作っておくとすんなり起きれる
のかもしれません。
ちょうど最近いろいろやりたいことができたので
また早起きにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

最初は辛いですが、1週間ぐらい続けると慣れます。
しかし、一度やめるとすぐに元の時間にもどります。
今の私みたいに。。

アイテム


時刻に空気袋が膨らんで起きることができる装置

これをひいて寝ると、定刻になると空気袋が膨らんで寝苦しくなるので起きることができるという代物です。
遅刻が許されない鉄道会社の宿泊施設などで採用されている装置です。

面白いですが、一般家庭にこんな大それたもの置くのもなぁ。。
値段も値段ですし。。

逃げまわる目覚まし時計

アラームと同時に逃げまわるというこのうえなく迷惑な目覚まし時計。
床を掃除しておく必要がありそうだけど、これならイライラして起きれそう。

60cmから落下しても大丈夫らしいので、机に上にセットしてとけばスリリングな朝を味わえそう。 

振動式目覚まし時計


音に慣れてしまったのなら、振動なら起きれそう。
スマフォのバイブは弱いのでまったく気付かないのですが、
この目覚ましの振動の強さなら余裕で起きれそうです。

光と音で起こす目覚まし時計

太陽光にちかい光で毎朝快適に起こす目覚まし時計です。
光を調整して、レム睡眠にしてすっきり起こしれくれる賢いやつです。
ほかの目覚まし時計と違って気持ちよく起きれそうです。

そういえば、最近朝暑いののが嫌で、カーテンをしめっぱで寝ているなぁ。。
カーテンを開けて、朝日光が入るようにすれば自然と起きれるのかも。

最後に

社会人5年目にして初めての寝坊でした。。
原因がいまいちよくわかってませんが、同じことを繰り返さないように気を引き締めて行きたいとおもいます。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)