ビジネスでスーツは何故必要なのか | Select *
仕事 雑記

ビジネスでスーツは何故必要なのか

スーツオハヨウゴザイマス!
スーツを着るのがたまらなく嫌な@deepblue_willです。

今日からクールビズが終わって、ネクタイ&ジャケットで出社しないといけなくなりました。
そもそも何でビジネスではスーツがデフォルトなのか。
ちょっと愚痴ってみたいと思います。



そもそもスーツがビジネスで主流になったわけ

ウィキペディア先生によると以下のような由来があったみたいです。

モーニングコートの裾を切り落とした上着が19世紀のイギリスで生まれた。イギリスではラウンジ・スーツ(Lounge Suit)、アメリカではサック・スーツ(Sack Suit)と呼ばれ、当初は寝間着・部屋着、次いでレジャー用だった。しかし19世紀末から20世紀の初頭にかけてアメリカのビジネスマンがビジネスウェアとして着用し始め、その後世界的に普及した。
背広 – Wikipedia


もともと、普段着として着られていたのは驚きです。
そこに先進国のアメリカがビズネスの場面で使用し始めたことによって普及したみたいですね。

なんでスーツなのか

なんでここまでスーツがビジネスで使用されてきたのかを勝手に考えてみました。

共通項をつくる

色、材質に違いはあれど、スーツを着れば皆、ジャケット、ネクタイ、Yシャツ、スラックスという格好になります。
平たく言えば皆同じ格好になる。
人って他人と自分の共通項を見つけると安心しますよね。
少なくともマイナスのイメージにはならない。
ビジネスの世界でマイナスのイメージは致命的です。
なので、ビジネス=スーツという枠組みを作って、もっとビジネスをしやすい環境を作ったのではかなと思います。

それなりの格好ができる

とりあえずスーツ着てればそれなりに見えます。
もし、自由な服装で良いとなったら、もう個人のセンスで気分を着飾ることになります。
これはあんまりよろしくない。
服が好きでファッションに自信のある人はいいですが、服なんて着れればいいと思っている人もいます。
年を取れば取るほどその傾向があると思います。
たまの休日で上司の私服姿みてがっかりなんてことありませんか?
なので、スーツという制服を作ってそれなりの見た目が保てるようにしたのではないかと思います。
平均年齢が若いベンチャー企業なんかは、私服でもそれないの格好ができる若者が多いので、私服で働いているところが多いのもこの理由からじゃないかと思います。

企業としてこの格好がダメとか良いとか判断するのがめんどくさい

私服でもOKにするべきといっても、ビジネスをする以上ボーダーラインは決めるべきです。
そのボーダーラインをどう決めるかは企業が決めることになります。
社員の服装のあれはダメこれもダメなんて決めてたら、企業として本来決めることが決まりません。
とりあえずスーツで!と決めといた方が楽なのです。

最後に

こうして見るとビジネスでスーツ着るのはしょうが無いのかなと思えてきます。
しょうがないからここまでスーツが浸透しているんでしょうけど。。
なんか悶々とします。。。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)