アクセスアップ!?「IFTTT」と「Buffer」を使って指定の時間に更新内容をTwitterにポストする方法 | Select *
Web Webサービス

アクセスアップ!?「IFTTT」と「Buffer」を使って指定の時間に更新内容をTwitterにポストする方法

オハヨウゴザイマス!
ブログの更新情報を時間でTwitterにポストしている@deepblue_willです。

今まで「twitterfeed」というWebサービスを使って時間差でTwitterに更新情報をポストしていたのですが、いつのまにか動かなくなっていました。
そこで代わりの方法として「IFTTT」と「buffer」というWebサービスを使用しています。
これでTwitterからの流入が増えたので紹介します。

IFTTT

IFTTT / Put the internet to work for you.

IFTTT」は47のWebサービス同士を連携できるWebサービスです。
あるWebサービスを操作したら自動で他のWebサービスを動かすことができます。
例えば、「GoogleReader」でお気に入り登録したら「Pocket」にも登録するみたいな使い方ができます。

Buffer

Buffer – A Smarter Way to Share on Social Media

Bufferは指定した時間にTwitterやFacebookに投稿することができるWebサービスです。
連続してツイートしても誰も見てくれないから適当にばらしてツイートしたい場合や、この時間にTwitterやっていることを知られたくない場合、ツイートする時間をごまかす場合にしようできます。

IFTTTとBufferに指定した時間に更新情報をTwitterにポストする方法

では本題に入ります。

Bufferの設定

「Buffer」はTwitter、Facebook、LikedInいずれかのアカウントを持っていれば、
アカウントを作成せずにログインできます。

ログインしたら「スケジュールタブ」をクリックします。

あとはポストしたい曜日と時間を設定するだけです。
私の場合は「毎日」「18:00」にポストする設定になってます。

これだけでBufferの設定は終わりです。
簡単でしょ?

IFTTTの設定

「IFTTT」を使用するためにはアカウントを作成する必要があります。
アカウント作成にはメールアドレスが必要です。

ログインしたら、「Create a Recipe」をクリックします

this」をクリックします

Feed」をクリックします。

New feed item」をクリックします

自分のブログのRSSのURLを入力して「Create Trigger」をクリックします。

That」をクリックします。

Buffer」をクリックします。

Add to Buffer」をクリックします。

ポストする内容を入力して「Create Action」をクリックします。

最後に「Create Recipe」をクリックすれば設定完了です。

最後に

うまくフォロワーが見てくれる時間に狙ってポストできれば、Twitterからの流入UPにつながります。
私は記事を公開した時とBufferで設定した18:00の2回更新情報をポストしています。
もしTwitterからの流入を増やしたいブロガーの方は試してみてください。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)