SEOで重要なHTMLのタグ | Select *
Web Web制作

SEOで重要なHTMLのタグ

オハヨウゴザイマス!
SEO初心者の@deepblue_willです。

サイトを運営している方ならお馴染みの「SEO」という単語。
これはより検索エンジンに拾ってもらえるようにするためにしなきゃいけないことです。
私もこのブログのデザインを考える際、SEOのことを勉強しました。
そこで、SEOで重要になるHTMLのタグをまとめてみました。

タイトルタグ(title)

検索結果で表示されるタイトルはこのタグで囲まれた部分を表示します。
なので、このtitleタグはSEOでは一番重要です。
検索結果には34字超えるの文字は表示されないので、タイトルは34字を超えないようにつける必要があります。万が一越えてしまう場合は重要なキーワードは34字を超えないところに配置したほうがいいです。

メタタグ(meta)

ヘッダータグ内に記述する補足的なタグです。
SEOで重要になるのは、meta descriptionmeta keywordです。
ただ、このふたつはあまり意味がないという説もあります。

meta description

タイトルの説明を記述します。120字前後が好ましいとされています。
検索結果でタイトルに下に表示される文章がこれにあたります。
複数のページで同じdescriptionを使用するのはあまりよくないので、ページごとに違うdescriptionになるようにする必要があります。
私は記事の抜粋をdescriptionにしています。

meta keyword

何のテーマについて書かれているか示すキーワードを記述します。
詰め込み過ぎはよくないので、3~5語が理想的とされています。

2012/06/28 追記:
@kyouさんにリツイートしていただいた情報によるとGoogleで「meta keyword」は効果ないそうです。
ただbingではデータとして取得しているそうです。

見出しタグ(h*)

各セクションの要点を検索エンジンに伝える上で効果的です。
このブログでは記事のタイトルがh1、文章のセクションはh2~h3を使用しています。

段落タグ(p)

検索エンジンに文章の段落を伝えることができます。
Wordpressでは自動的に記事は段落タグで囲まれるので特に意識しなくていいかもしれません。

引用タグ(blockquote)

検索エンジンはクロールした記事がオリジナルかどうか評価します。
この引用タグを使って外部の記事を明示的に示してあげると、どこからどこまでがオリジナルかということを検索エンジンに伝えることができます。
blockquoteって打つのめんどくさいので「Make Link ジェネレータ」で作ったドラッグした文章を引用タグで括って表示するブックマークレットを愛用しています。

強調タグ(strong)

検索エンジンに重要なキーワードを伝えることができるタグです。
ですがあんまりやりすぎるとペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。
ただ文字を太字にしたいだけであれば「bタグ」を使うことをオススメします。

画像タグ(img)

SEOで重要なのはimgタグではなくて、imgタグのalt属性です。
alt属性は画像が表示されなかった時の代替テキストを記述できます。
検索エンジンはalt属性を画像の説明を評価するします。これは画像検索などで使用されるのでimgタグを使用する場合はalt属性は必ず記述した方がいいです。

リストタグ(li、ol)

このタグを使用することによって情報が整理されるので検索エンジンに重要な情報を伝えやすくなります。
スタイルシートを駆使すればこのタグはナビゲーションメニュでも使えるので、それがナビゲーションだと明示することができます。

最後に

今回はSEOで有効なタグのみ紹介しましたが、SEOは奥が深く様々なテクニックがあるようです。
あんまり意識しすぎるのも良くない気がするのでちょうどいい所を模索したいところです。
今回紹介したことは「WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル」にもっと詳しく書かれています。
もし、SEOを勉強にしたい方は一読することをオススメします。
今回紹介していないことも含めてSEOの勘所を大体網羅していると思います。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)