WordPress3.5にアップデートしたら管理画面に入れなくなったので頑張って直しました。 | Select *
Web Web制作

WordPress3.5にアップデートしたら管理画面に入れなくなったので頑張って直しました。

wordpressオハヨウゴザイマス!
やっとWordpressのバージョンをあげた@deepblue_willです。

なんやかんやで半年以上放置していたWordpressのアップデートですが、重い腰を上げてようやく着手しました。前回のアップデートで痛い目をみたので、今度は慎重にやったつもりだったのですがまた問題発生。。
なんとか直せたのでその過程を書こうと思います。

発生した問題

problem バックアップととって、プラグインをすべて無効化して、アップデートしました。
するとなんも問題なくすんなりアップデート完了!

今回はなにも起こらなくてよかったーと一安心。

プラグインをポチポチ1つずつ有効化してたら、いきなり問題が発生しました。。

更新の必要はありません
この WordPress のデータベースはすでに最新のものです


なる画面に遷移し、管理画面に入れなくなりました。

せっかくプラグインを1つずつ有効化してたのに、
安心しきっていたため、最後に有効化したプラグインをちゃんと確認していませんでした。。

とりあえずプラグインを手動で無効化

プラグインが原因なのは明らかだったので、
とりあえずプラグインを無効化することにしました。
が、管理画面に入れないので管理画面からプラグインを無効化できません。。

ググったら、手動でもプラグインを無効化できるっぽいのでとりあえずやってみました。

phpMyAdminにログイン、
以下のSQLを発行して有効化されているプラグインの一覧を取得します。
SELECT * FROM `wp_options` WHERE `option_name` = 'active_plugins';

以下のような文字列が格納されてますので、これを
a:45:{i:0;s:29:"404-notifier/404-notifier.php";...}

a:0:{}

に修正すればOKです。

再度、管理画面にアクセスしたら。。


直ってない。。


どうやら、これだけではダメだったようです。
なので、別の手段を使うことにしました。

プラグインを全削除→バックアップからリストア

こうなったら諸悪の根源であろうバックアップを一度キレイにしてみました。

とはいえさすがに、いきなり削除するのは危険すぎるので、

/wp-content/plugins

plugins_oldにして退避、新しくpluginsフォルダを作成しました。


これで再度、管理画面にアクセス!


しかし、こんどは違うエラーが。。
しかもエラーメッセージが思いっきりでてるやばそうなやつ。。

でも、よんでみると「db-cache-reloaded-fix」がない!
と怒っているみたいだったので、
バックアップから「db-cache-reloaded-fix」だけ戻してみました。

すると。。

管理画面アクセスできました!

あとは1つずつプラグインを戻しては有効化していき、無事もとに戻せました!

原因

結局原因がちゃんとわかってないのですが、
たぶん「WP File Cache」が原因かなーと思っています。

このプラグイン、
デフォルトではプラグインフォルダの中にキャッシュファイルを生成します。

エラーが起きたとき、このキャッシュファイルは残ったままでしたが、
バックアップから戻した時はキャッシュファイルはなかった(キャッシュはバックアップの対象にしてない)ので、この違いがエラーになったのかなぁと思っています。

最後に

Wordpressのアップデートは毎度ヒヤヒヤします。。
もうこんな思いはしたくないものです。。

ではでは。

このブログをRSS登録する! この記事をはてブする!

Comment

Zenback

Categories

  • Lifehack (57)
  • Web (140)
  • まとめ (172)
  • コンピュータ (132)
  • 仕事 (10)
  • 趣味 (104)
  • 雑記 (88)